意味類語スクラブル例文クイズ

tinea versicolor 意味

EN
癜風, 癜 癜風
  • 癜風(でんぷう、英: Tinea versicolor)は、表皮に発症する真菌感染症。
  • 細かい鱗屑が付着する淡褐色斑(黒色癜風)あるいは脱色素斑(白色癜風)ができる。好発部位は背部、胸部、頸部、上腕、腋窩などで、春から夏にかけて発症および悪化しやすく、痒みは伴わないことが多い。ありふれた日和見感染の一つであるが気づかない人が多く、一般的に認知されていない。
  • 黒色癜風を黒なまず、白色癜風を白なまずともいう(原因の異なる尋常性白斑も俗に白なまずという)。
  • 白斑は治ったあとのことが多く、徐々に消えるのを待つしかない。
  • 治療にはミコナゾール、イトラコナゾールなどイミダゾール系の抗真菌薬が用いられる。
tinea versicolor
tinea versicolor
  • 品詞階層 (Part-of-Speech Hierarchy)
    1. 名詞
      • 不明または不確実な複数形と名詞

    Other Vocabulary

    類似の単語 (Look-Alike Words)
    1. en tinea versicolour
    2. en intravesicular
    3. en ink eradicator
    4. en extravesicular
    5. en cover versions
    出典: ウィクショナリー
     0 0

    Meaning of tinea versicolor for the defined word.

    文法的に、この熟語"tinea versicolor"は 名詞、より具体的に、不明または不確実な複数形と名詞です。
    明確性: レベル 1
    12345678910
    明確    ➨     多目的
    0.076